• 今冬も『江戸前釣り大会・カレイ釣り2020』を開催いたします。詳しくは[イベント・カレンダー]をご覧ください☆ 奮ってのご参加をお待ちしております(^ワ^)/   今冬も『江戸前釣り大会・カレイ釣り2020』を開催いたします。詳しくは[イベント・カレンダー]をご覧ください☆ 奮ってのご参加をお待ちしております(^ワ^)/

HOME > ニュース・トピックス

ニュース・トピックス

2011/12/1

『江戸前釣り大会~カレイ釣り~2012・冬~』参加者を募集します☆

イベント

当組合主催『江戸前釣りカレイ釣り大会』を来年2月5日(日)に開催いたします。
東京湾の冬の風物詩…カレイ釣り!是非この機会にご参加下さい!!
※2011年12月1日(木)受付スタート

PHOTO1

2011/11/1

羽田沖・メバル稚魚13,000尾を放流しました!
(平成23年度・メバル稚魚放流事業)

事業報告

11月1日(火)、東京港埠頭(株)の委託事業として羽田沖にメバル稚魚13,000尾を放流しました。
メバル稚魚は愛知県から活魚車トラックで陸送され、当日早朝には大田区平和島の「まる八」桟橋に到着。午前7時過ぎ、組合員やスタッフにより稚魚の状態を確認し、体長測定などを行ないました。
また、地元の海を知る学習ということで大田区立開桜小学校の児童(約90名)の皆さんも午前9時から作業に参加しました。
組合員からメバル稚魚について説明を受けながら実際に触れてみたりするなど観察。また、トラック水槽内の稚魚を放流船に移送するバケツリレー作業に組合員・スタッフ・児童達、みな一緒に行ないました。午前10時、稚魚をすべて船に運び込み、全員ライフジャケットを着用して出船の準備が完了。2隻の放流船に分乗して放流海域の羽田沖へ出船しました。
約20分で放流海域である東京湾・羽田沖浅場海域に到着。午前10時半には一斉に稚魚を放流しました。放流後は速やかに「まる八」桟橋に全船が帰港。
全員で記念撮影を行って無事に作業は終了となりました。

東京湾において標識タグ付メバル(もしくはクロソイやカサゴ)を釣られた方は当組合までご一報ください☆



■事業件名:平成23年度 田沖浅場稚魚放流委託事業
■実施日時:平成23年11月1日(火)午前8時~12時
■放流海域:東京湾・羽田沖
■放流種苗:メバル稚魚(13,000尾/愛知県産/平均体長:約9~10㎝)
※成育調査用の標識タグピン2,000本(黄色タグを取付/「T-23」と表記)
■使用船舶:つり船3隻(羽田沖用:2隻,本部船:1隻)
■作業参加:東京港埠頭(株),東京湾遊漁船業協同組合,大田区立開桜小学校(5年生)
■集合場所:大田区平和島「まる八」桟橋

PHOTO1 PHOTO2 PHOTO3 PHOTO4 PHOTO5 PHOTO6

2011/10/25

羽田沖における放流魚の『生態調査』を実施しました!

事業報告

10月25日(火)、東京港埠頭(株)からの委託事業『平成22年度羽田沖浅場稚魚放流』の一環として、前年度までに放流しているクロソイ稚魚の成育状況等を確認するために「生態調査」を羽田沖において実施しました。
毎回、放流魚体には成育状況や生息場所などを把握できるように年度ごとで色分けをした「標識タグ」を背びれに取り付けています(放流尾数11,000尾の内2,000尾)。今回の調査では、残念ながら標識タグ付のクロソイ再捕には至りませんでしたが、放流海域において根魚のカサゴを中心に、アジやイナダ、マゴチなどを捕獲しました。
頭上には羽田空港を離着陸する飛行機が次々に飛んでいますが、その下の海では多種多様な魚種が確実に生息していることを確認しました。

この調査以外でも組合では年間を通して、一般の釣り人の方々などに放流魚の再捕報告を募集しております。
当ホームページで告知をしていますおりますので、詳しくは『放流事業』ページをご覧ください☆
江戸前の海「東京湾奥」が生き生きとした海であり続けるためにも、今後とも皆さまのご協力をいただきたく宜しくお願い致します。

PHOTO1 PHOTO2 PHOTO3 PHOTO4 PHOTO5 PHOTO6

2011/11/10

◎江戸前釣りサーキット大会/お楽しみ抽選会・結果発表◎

イベント

9月,10月の2ヶ月間に渡り巡回(サーキット)型で開催して参りましたが、11月6日を以って大会が無事に終了いたしました。
お蔭様で大変多くのお客様(合計208名様)のご参加いただき、盛大に開催することができました。
(※全13大会を開催予定でしたが9/4(日)の2大会は台風のため中止。計11大会を開催)
お申込み下さいました全ての皆様に、組合員・スタッフ一同、心より御礼申し上げます!ありがとうございました!!

♪♪行楽プレゼントが当たるWチャンス・お楽しみ抽選会の結果♪♪

さて当日、参加者の皆様からご提出いただいたエントリーカードをすべて当組合にて集計し、『お楽しみ抽選会』を行ないました☆
その結果、各賞品は次の方々に当選となりましたことをご報告申し上げます(^0^)

1等JCBギフト券5万円分野村弘一 様東京都練馬区
2等JTB旅行券3万円分髙山 豊 様東京都東久留米市
3等屋形船ペアご招待券田村弘司 様東京都江東区
3等屋形船ペアご招待券鯨井ミキオ 様東京都台東区
3等屋形船ペアご招待券谷口数樹 様埼玉県ふじみ野市

おめでとうございます!

PHOTO1 PHOTO2 PHOTO3

2011/10/31

江戸前・船釣りビギナー教室【開催報告(6)】

イベント

10月30日、スミイカ釣り・ビギナー教室を開催しました。9月からスタートしたビギナーさん向け釣り教室も今年はこのスミイカ釣りがラストです。
当日朝8時には平和島「まる八」桟橋に18名の参加者の皆さんが集合しました。担当は川崎「中山丸」・中山和哉船長です。船長から1日の流れについて等の挨拶があり、皆さんの乗船準備が完了した所で出航となりました。
この日の釣り場は富津沖です。現場に到着後、早速スミイカの釣り方をレクチャーします。そして、「まずは竿を各自で持ってトライしよう!」ということで釣行を開始☆スタッフが参加者さんの間を個々に廻りながらお教えして行きます。参加者さんは、スミイカの"アタリ"と"合わせ"という独特の感覚を掴めるようになられて、暫らくする内にポコ!ポコ!と釣れるようになり始めました(^^)v いずれも良型のスミイカで、手ごたえを感じられた様子。更にイカの王様との異名を持つ「アオリイカ」が船中で4杯も釣れたことに和哉船長も大変驚いていました☆
沖上がりは予定通りに13時、そし14時頃に帰港となりました。
下船すると今度は釣れたスミイカを捌いてみましょう…ということで船長がレクチャーします。イカのシンプルな捌き方を熱心に皆さん観察してから実際にご自分でもトライ!
また、中山丸の女将さんがその場で調理された「スミイカのバター醤油炒め」&「スミイカと青ネギの酢味噌和え」の試食が参加者の皆さんに振る舞われました♪♪ スミイカの甘くてコリコリとした食感を2種類の味で楽しめる事ができて、皆さんご自宅での調理法に参考にされたのではないかと思います☆

スミイカは人気のある魚種です。ぜひ、また江戸前釣りに遊びにいらして下さい!

PHOTO1 PHOTO2 PHOTO3 PHOTO4 PHOTO5 PHOTO6

2011/10/14

江戸前・船釣りビギナー教室【開催報告(5)】

イベント

10月9日、アジ釣り・ビギナー教室を開催しました。
釣船担当は川崎「長八丸」です。20名の参加者さんが朝8時に平和島「まる八」桟橋に集合しました。渡辺泰宏船長から1日の流れについて等の挨拶があり、皆さんの乗船の準備が完了して出航となりました。
本日の釣り場は横浜沖です。現場に到着するとアジ釣りのレクチャー開始。一連の方法を掴んで頂いた所で早速それぞれに釣行を始めて頂きます。あとはスタッフが船中を廻りながら参加者の方々の様子を見て個々にレクチャーして行きます。
この日、最初にお目見えしたのは「サバ」でした☆次第にメインの「アジ」もポツポツと釣れるように、いつも誰かの竿にアタリがある…そんなのんびり順調な釣行ができました(^v^)
そして予定通りに13時頃に沖上がりをして帰港。ここで下船前に、長八丸の女将さん逸品の“豚汁”が船長よりサプライズで振る舞われました♪♪秋の深まりが感じられる今時期、船で走って来た後には少し肌寒くなりますから、具材がトロトロに煮込まれた豚汁は一段と美味しくて体も心もホクホクと温まりました。
さて下船してから捌き方のレクチャーを行いました。脂のノッた江戸前のアジやサバは食欲の秋に最高の一品になります!参加者の皆さんは「お刺身用にしたい」「三枚にするには…」等、スタッフと一緒にご自身で釣った新鮮なアジやサバを調理されて帰られました。

人気のアジ釣りに、また是非お出掛け下さい☆

PHOTO1 PHOTO2 PHOTO3 PHOTO4 PHOTO5 PHOTO6

2011/10/4

江戸前・船釣りビギナー教室【開催報告(4)】

イベント

10月2日、スミイカ釣り・ビギナー教室を開催しました。 同じ魚釣りでもイカは独特な人気があり、今回のお客様の中には、昨年の教室にもご参加された方々もいらっしゃいました。
この日の釣船担当は南六郷「ミナミ釣船店」安達任伯船長です。船長お手製の「スミイカ模型」を用いて“エギ”という仕掛けにスミイカがどう反応するのか笑いを交えながらお客様にレクチャーしました。船内の雰囲気も和やかになった所で19名の参加者さんを乗せて8時半に平和島「まる八」桟橋を出航しました。
この日の釣り場は富津沖です。現場に到着すると早速「釣行」始め☆スタッフが個々に廻って様子を見ながらお教えします。参加者の皆さん、徐々にアタリを掴める様になると、ポコッ…ポコッ!とスミイカを釣れるようになりました。スミイカの他にはマダコを釣った方もいらっしゃり嬉しさ倍増♪♪楽しい釣行となりました。
予定通り14時に帰港。下船してからスミイカの捌き方をレクチャーしました。また船長のサプライズでスミイカの試食としてオリーブオイル炒めが振る舞われ、その美味しさに皆さんホクホク顔でした。この日は皆さん、きっとご家庭でご自身で釣ったスミイカに舌鼓を打たれた事と思います(^ε^)
食欲の秋…江戸前の魚釣りに是非またお出掛け下さい☆

PHOTO1 PHOTO2 PHOTO3 PHOTO4 PHOTO5 PHOTO6

2011/10/1

江戸前・船釣りビギナー教室【開催報告(3)】

イベント

9月25日、今期2度目のアジ釣りビギナー教室を開催しました。
釣り船担当は浦安「岩田屋本店」岩田一人船長です。午前8時、計15名のお客様が平和島「まる八」桟橋に集合し、船長より挨拶と1日の流れをお伝えして、8時半に出航しました。
この日の釣り場は中の瀬です。現地で参加者の皆さんに竿やエサの扱い方等をレクチャーして釣り教室スタート☆皆さんの飲み込みが良く、暫らくすると船内アチコチから「釣れた~♪」の声が上がるようになりました。ただ午前中はサバ中心の釣れ方で、本命のアジを求めて皆さん頑張りました。お昼頃になると今度はアジが釣れるようになり、ダブル・トリプルで釣れる方もいてガッツポーズ♪♪またイシモチが交じったり小型のサメも釣れたり…魚好きな子供さん達も大喜びでした。
13時に沖上がり。それぞれのクーラーボックスに立派な釣果を携えて14時に予定通り帰港となりました。
桟橋では捌き方のレクチャーを行ない、竿から包丁に持ち替えて自身で釣った魚を皆さん調理して解散となりました。

秋の気配が感じられるようになり、ますます行楽に適した季節…是非また東京湾へ遊びにいらして下さい(^^)/

PHOTO1 PHOTO2 PHOTO3 PHOTO4 PHOTO5 PHOTO6

2011/9/28

江戸前・船釣りビギナー教室【開催報告(2)】

イベント

今期2回目の開催となるビギナー教室「ルアー五目」。
午前8時、「まる八」桟橋に集合した参加者の皆さんへスタッフより挨拶とルアー釣りについて簡単に説明させて頂いた上で、担当の深川「吉野屋」の釣船にて出船となりました。
この日は「サバ」や「イナダ」をターゲットとして狙っていきました。ルアー釣りでは魚の群れを探すことが大切です。船長やスタッフは、僚船との情報や魚探データ、そして目視にて“鳥山”を探します。この“鳥山”とは沢山の海鳥達が海面スレスレを飛び回り、海中の浅い位置にいる小魚を狙っている状況のこと。つまり、この鳥山の下には小魚の群れがあり、この小魚の群れを狙うサバやイナダ達が集まっているという目印になるのです。 しかし、この日は湾内を探しましたが、なかなか鳥山もなく、魚探データも反応が鈍く、同様にルアー船に出て来ている僚船からの情報もやはり厳しいとの情報で…苦しい状況が続きました。
しかし午後になると、ようやく羽田沖において数名の参加者さんの竿にヒットが出ました!!そしてこの日初めてイナダとサバの顔を見ることができました。
このまま羽田沖で30分ほど釣行時間を延長し、午後14時半過ぎに帰港となりました。
今回は厳しい結果となりましたが、ルアー釣りをデビューされた皆様にはリベンジを兼ねて是非とも東京湾へ遊びにいらして下さい!

PHOTO1 PHOTO2 PHOTO3 PHOTO4 PHOTO5

2011/10/1

◎江戸前釣りサーキット大会/YUGYO-CIRCUIT・2011秋◎
参加者を開催店にて募集中です!

イベント

9月・10月の2ヵ月間、当組合の所属店において「江戸前釣りミニ大会」を持ち回り=巡回(サーキット)型で開催中です。
上位入賞者には各店から素敵な賞品が授与されますので、東京湾アングラーの皆さま!是非この機会をトライして下さい。
また参加者全員に最後の最後までチャンスありです!
全参加者の中から抽選で当たる豪華な行楽プレゼントをご用意しました。
詳細は[イベントカレンダー]をご覧ください☆

2011/9/12

江戸前・船釣りビギナー教室【開催報告(1)】

イベント

9月11日(日)、LTアジ釣り教室を開催しました。
天候に恵まれて絶好の釣り日和となり、午前8時には平和島「まる八」桟橋に16名の参加者の皆さんがお集まりになりました。
この日の釣船担当は東大井「いわた」の岩田登行船長です。また今回は“特別インストラクター”としてプロ・アングラーであり且つお魚マイスターとして活躍されている上野ひとみさんをお迎えしました。
午前8時半、桟橋を出船して第一ポイントへ向いました。釣場までの爽快な釣船クルーズも江戸前船釣りのお楽しみの1つです。走る船に乗りながら、空を飛んでいく飛行機、近く遠くで行き交う大型船などを眺めていると、自然に気持ちが開放されて行きます。
さて…出港して約40分後、本日の第一ポイント「中の瀬」に到着です。早速、上野さんとスタッフが皆さんの所を廻ってアジの釣り方レクチャーを開始しました。東京湾のアジは脂がのっていて絶品!しかも初心者の方でも釣りやすいことで愛される魚種です。30分程すると皆さんの竿にポツポツとアタリが見られるようになりました。
中の瀬にて1時間半ほど釣行し、次に第二ポイントの木更津沖へ移動しました。
参加者の皆さんも徐々に釣りのコツを掴まれて、こちらでは各自ご持参のランチを召し上がりながらの釣行でした。青空の下、広々とした海で開放感たっぷり!ランチもますます美味しく感じられます。更に今回は、岩田船長からサプライズ・サービスで“江戸前アジの南蛮漬け”が皆さんに振る舞われました。まだ日差しもあって暑く感じる時期、甘酸っぱい南蛮漬けは身体に心地よく「おいしい!」というお声を頂きました。
江戸前のアジ?(味?!)を試食して俄然とファイトが湧かれたのか…13時の沖上がりまで皆さん熱心に釣りをされました。釣果は平均15尾ほどで上々♪中には30~40尾ほど釣られた参加者さんもいらっしゃいました。(お見事でした☆)
予定通り14時頃に元の桟橋へ帰港。下船後、上野さんが手軽に出来るアジの捌き方などもご紹介した後、解散となりました。
ご参加くださいました皆様、本当にありがとうございました。また是非とも東京湾の釣りに遊びにいらして下さい!

まだまだ今年のビギナー釣り教室は続きます。沢山のご参加をお待ちしております(^O^)/

PHOTO1 PHOTO2

2011/7/12

江戸前の海にカサゴ稚魚30,000尾を放流しました!
平成23年度・カサゴ稚魚放流事業/(財)日本釣振興協会東京都支部・共催

事業報告

7月12日(火)、当組合の恒例事業として日本釣振興協会東京都支部との共催によりカサゴ稚魚30,000尾を放流しました。
愛知県から陸送でやって来たカサゴ稚魚。早朝に活魚車トラックが大田区平和島の「まる八」桟橋に到着、早速カサゴ達の状態を確認して体長測定などを行ないました。
午前9時には今年も「地元の海を知ろう」と総合学習の一環で大田区立大森第一中学校の生徒さん約90名が到着し、組合員より稚魚に関する説明を受けながら観察しました。また、バケツリレーによるトラック内の水槽から放流船へ稚魚を移送するバケツリレーの作業に一緒に参加しました。
午前10時、稚魚をすべて船に運び込み、全員ライフジャケットを着用して出船の準備が完了。放流船に分乗して放流海域へ出発しました。約20分で放流海域である東京湾・羽田沖浅場海域に到着。午前10時半には一斉に稚魚を放流しました。
同様に、日釣振東京都支部は若洲海浜公園にカサゴ稚魚を放流しました。
そして午前10時50分「まる八」桟橋に全船が帰港。中学生より感想の挨拶が述べられて無事に作業は終了となりました。

■放流日時:平成23年7月12日(火) 午前8時~12時
■放流海域:東京湾・羽田沖/若洲海浜公園
■放流種苗:カサゴ稚魚(30,000尾/愛知県産/平均体長:約4.7㎝)
※成育調査用の標識タグピン2,000本(今年度のカサゴ稚魚には白色タグを取付)
■使用船舶:つり船5隻(羽田沖用:3隻,城南島用:1隻,本部船:1隻)
■作業参加:東京湾遊漁船業協同組合・(財)日本釣振興会東京都支部,大田区立大森第一中学校(1学年)
■集合場所:大田区平和島「まる八」桟橋

PHOTO1 PHOTO2 PHOTO3 PHOTO4 PHOTO5 PHOTO6

2011/8/10

【東日本大震災・被災地復興の支援募金】結果について

お知らせ

当組合では、4月中旬~6月末日の期間で【東日本大震災・被災地復興の支援募金】を加盟店及び組合事務所において実施し、
船釣りファンの皆様や屋形船ご乗船のお客様など大変多くの方々から温かいご支援が寄せられました。

支援募金の総額:186,363円


この支援募金の全額を、東日本大震災の義援金として、8月10日付で日本赤十字社を通じて
送金させて頂きましたことを、ここに報告申し上げます。

このたびの募金にご協力いただきました皆様には心より感謝申し上げます。
ありがとうございました!

そして、被災地の復興を心よりお祈り申し上げます。

2011/4/19

東日本大震災による被災地復興の「支援募金」について

お知らせ


2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震により被災された皆さまには、心よりお見舞い申し上げます。
----------------------------------------------------------------------------------------

◎1日も早く活力ある町に復興されますように!

被災された地域は、日本有数の豊かな水産資源を持つ海辺の地域です。
東京湾という海で生きる私達からも、この被災地へエールを送り続けたいと考え、
組合の加盟店にて【被災地復興の支援募金】を実施する事となりました。

どうか皆さまの温かいご支援とご協力を心よりお願い申し上げます。

■ 募金受付期間:2011年6月30日まで
■ 募金受付方法:加盟店・事務所等に設置の募金箱

※お預かりした募金は、被災された各自治体等に全額寄付いたします。
※募金の総額、寄付先は、後日、組合ホームページで報告いたします。

PHOTO1

2011/3/25

東北地方太平洋沖地震による災害への対応について

お知らせ

2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震により、犠牲になられた方々に深く哀悼の意を表しますとともに、
被災された方々、そのご家族、関係者の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

震災による被災者の皆さまへの支援について
当組合員は、今般の震災に伴い、被害に遭われた方々の救援活動ならびに被災地の復興に役立てていただくため、
義援金として100万円の寄付を、日本赤十字社を通じて行いました。
組合員一同、被災地の1日も早い復旧復興を心よりお祈り申し上げますとともに、 今後も引き続き、支援策を検討して参ります。

2011/2/20

「第7回・江戸前釣り大会」を開催しました!(平成23年2月20日・実施)

イベント

座布団級のマコガレイを求めて、317名が参加、18隻が出船!

 去る平成23年2月20日(日)、当組合では「第7回江戸前釣り大会2011~カレイ釣り~」を開催しました。当日参加者は317名、釣船18隻での出船となりました。
 午前7時、各船宿には大会参加者が続々と集合しました。雨天が心配されていましたが幸い曇りとなり、午前7時半には参加者を乗せて各船宿から出船、釣り場に向かいました。
 この日のポイントは行徳沖と鶴見沖、各船が東西方面に分かれる形で競技会がスタート!
 前日までの釣果では何処も厳しい状況でしたが、この日も例外ではなく…全体として食いは今ひとつで、どうにか型を見る程度の苦戦が続きました。しかし、昼近くになるとポツポツと当たりが出始め、いずれも「37センチ超え」や「40センチオーバー」など座布団級のマコガレイが見られるようになりました。「釣れると大きい!」という雰囲気に、参加者も粘り強く竿を出し続けて14時の納竿まで各船ともに健闘しました。

今年の総合1位ビックワンは48センチの座布団マコガレイ!

 14時の納竿後、表彰式のために大森「まる八」桟橋に全18隻の釣船が集結し、桟橋において早速カレイの検量が行われました。
厳正な検量の結果、今大会・総合1位を見事に獲得されたのは48センチを釣り上げた羽田「かみや2号船」乗船の平賀正悟さまでした!
 また、総合2位は共に47.5センチのカレイだったため重量争いとなり結果、羽田「かめだや2号船」に乗船の菊池和彦さまが総合2位に、葛西橋「第二泉水」に乗船の小宮州夫さまが総合3位に入賞となりました。更に、神奈川方面で狙っていた川崎「中山丸」に乗船の田口剛さまが45センチのカレイを釣り上げて総合4位入賞!これに0.2センチの差まで迫っていた大森「まる八」に乗船の黒沢広治さまが総合5位入賞となりました。
 その他、レディース賞には37センチを釣り上げた大塚里美さま(羽田「かめだや1号船」)、ジュニア賞には35.6センチを釣った田村駿さま(羽田「かみや1号船」)が選ばれました。
 そして今回の厳しい釣況下において、最も多くのカレイを釣り上げられた方に贈られる「魚聖賞」には羽田「かめだや2号船」乗船の渡辺勇作さまが選ばれました。
 表彰式では、今大会にご協賛いただいた各社様を代表して「株式会社クレハ」ご担当者様よりご挨拶を頂き、プレゼンテーターの藤井魚聖さまから入賞者の方々へ入賞楯をはじめ、折りたたみ自転車や竿など数々の賞品が手渡されました(上位入賞者下記別表)。
また、抽選による飛び賞、各船の船別賞、そして参加者全員に参加賞を、また「お楽しみ抽選会」を行うなど盛りだくさんの賞品が多くの参加者に渡されました。
 大会の最後に、当組合・飯島理事長より参加者の皆様への御礼と今後の組合イベントや大会等への抱負などを述べて閉会の挨拶とさせて頂きました。
そして「第7回・江戸前釣り大会」は終了となりました。

あらためて、ご参加いただいた皆様、ご支援・ご協賛いただいた皆様に心より御礼申し上げます。
ありがとうございました!

大会成績(横取り方式/対象はカレイ一枚の最大長、同寸の場合は重量で検量しました。)
総合1位48cm平賀正悟 様船宿かみや(羽田)
総合2位47.5cm菊池和彦 様かめだや(羽田)
総合3位47.5cm小宮州夫 様第二泉水(葛西橋)
総合4位45cm田口 剛 様中山丸(川崎)
総合5位44.8cm黒沢広治 様まる八(大森)

レディース賞37cm大塚里美 様かめだや(羽田)
ジュニア賞35.6cm田村 駿 様船宿かみや(羽田)
魚聖賞3枚渡辺勇作 様かめだや(羽田)

協賛社及び協力

本大会に御協賛いただいたのは以下の各社様です。多数の商品提供などの御協力をいただき、誠にありがとうございました。

株式会社クレハ、魚聖工房、グローブライド株式会社(ダイワ)、株式会社シマノ、マルキュー株式会社、株式会社ヤマリア、株式会社美咲、株式会社がまかつ、株式会社ハヤブサ、サクラ高級釣竿製造所、浅草釣具、IBNO湘南釣具、有限会社いわせ、株式会社ささめ針、つり情報、つり丸、釣場速報、釣りビジョン、ぎょさん(順不同)

写真:1)総合1位になった平賀正悟さんと48cmのマコガレイ。
写真:2)各入賞者の皆さん一同

PHOTO1 PHOTO2

2011/2/4

【江戸前釣り大会~カレイ釣り~】参加者募集中です☆
エントリーまだ出来ます!

イベント

『江戸前釣り大会~カレイ釣り』参加受付スタートから約1ヶ月! お蔭様で大変多くのお客様にご応募頂いております。
誠にありがとうございます!

さて今日現在での大会エントリー枠ですが、今少し余裕がございます(^^)v

今大会におきましても協賛各社様からの豪華賞品が集まっており、
また好評につき「おたのしみ抽選会」を今年もご用意しております♪

年1度、寒くとも熱く☆熱く燃える「江戸前釣り大会~カレイ釣り」!
お見逃しなく、ぜひ奮ってご応募くださいませ☆

■大会エントリー空き状況に関するお問合せ>>>03-3471-7401(月~金・10時~17時)

PHOTO1 PHOTO2 PHOTO3