HOME > ニュース・トピックス

ニュース・トピックス

2019/11/28

◎江戸前釣りサーキット大会2019/お楽しみ抽選会・結果発表◎

イベント

江戸前釣りサーキット大会2019』は今年5月~11月までの7ヶ月間にわたり、サーキット(巡回)型でミニ釣り大会を各店において
開催して参りました。
お蔭様でたいへん多くのご参加をいただき賑やかに開催することができましたことを組合員・スタッフ一同、心より御礼申し上げます!
誠にありがとうございました♪

♪♪嬉しいプレゼントが当たるWチャンス・お楽しみ抽選会の結果♪♪

さて、すべての日程を終了後、ご参加の皆様より提出いただきましたエントリーカードを当組合にて集計し『お楽しみ抽選会』を行ないました☆
その結果、各賞品は次の方々に当選となりましたことをご報告申し上げます(^0^)/

1 等JCBギフト券3万円分早川 康男 様東京都荒川区
2 等全国共通お食事券2万円分小早川 晋 様埼玉県春日部市
3 等1万円相当のお楽しみプレゼント松本 晴美 様埼玉県川越市

おめでとうございます!!
賞品は年内にお届けできるよう発送いたしますのでお楽しみに♪

2019/9/3

☆羽田沖・若洲沖にカサゴ稚魚25,000尾を放流しました☆

事業報告

9月3日(火)、当組合と(公財)日本釣振興会東京都支部との共催において、25,000尾のカサゴ稚魚の放流事業を実施しました。
午前7時、種苗生産地の愛知県より活魚車トラックで移送された25,000尾のカサゴ稚魚の状態を確認し、平均の体長測定や標識タグ付け等も同時に行いました。また、追跡調査用として2,500尾の稚魚に標識タグを取り付ける作業も行います。
午前9時、大田区立大森第一中学校1学年の皆さんが桟橋に到着。羽田沖を地元の海として校外学習の一環として放流作業に参加して下さいました。
25,000尾すべての稚魚を放流船に運び入れ、出船準備が完了。日釣振の方々は若洲沖、当組合と中学生は羽田沖に分かれ、それぞれの海域へ出発。放流場所に到着すると速やかにカサゴ稚魚の放流を行いました。
カサゴ達が東京湾奥の海で元気に成長してくれることを切に願います。

■放流日時:令和元(2019)年9月3日(火)午前7時~12時
■放流海域:東京湾・羽田沖/若洲沖(海浜公園前)
■放流種苗:カサゴ稚魚(計25,000尾/愛知県産/平均体長:約7㎝)
※成育調査用の標識タグピン2,500本(今年度のカサゴ稚魚:白色タグ【T-19】表記)
■使用船舶:釣り船8隻(放流船:7隻,本部船:1隻)
■作業参加:東京湾遊漁船業協同組合・(公財)日本釣振興会東京都支部・大田区立大森第一中学校1学年(77名)

☆東京湾で標識タグ付のカサゴ・メバルを釣られた場合は是非ご一報ください☆

PHOTO1 PHOTO2 PHOTO3 PHOTO4 PHOTO5 PHOTO6

2019/10/15

○●○ワンシーズンカップ2019/対象魚【タチウオ戦】最終結果のご報告!○●○

イベント

≪江戸前ワンシーズンカップ2019/対象魚:タチウオ(7月・8月・9月)≫


●現在の対象魚 : タチウオ(7月・8月・9月)


美しいサーベルのような太刀魚…ワンシーズンカップ2019【タチウオ戦】は遂にフィナーレとなりました(^ワ^)
最終結果は次の通りです。

1位134.3cm 神山 尚伸  様川崎・中山丸7月27日
2位134.0cm 立川 亮次  様 川崎・中山丸7月27日
3位   cm                  月 日


第1回目からのご報告以降は動きなく、そのまま最終結果となります☆
神山さま、立川さま、入賞おめでとうございます!!
賞品は11月中旬までに発送いたしますので、どうぞお楽しみに♪♪♪

ワンシーズンカップ2019、次なるターゲットは【カワハギ】です!!
10月~12月までエントリー可能ですので、東京湾アングラーの皆さま奮ってのご参加お待ちしております☆

PHOTO1 PHOTO2 PHOTO3 PHOTO4

2019/5/14

☆東京湾・船釣りビギナー教室2019開催のご案内☆

イベント

今年も初心者様向けの船釣り教室を開催いたします。全2回の開催予定です!

「釣りをやってみたいけど、全く釣りの経験がない…」
「釣堀りはやった事あるけど船釣りってどんな感じかな?」
「子どもが釣りに興味を持ったけど親がビギナーで心配…」
などなど……そんな船釣り初心者さんに最適です☆

この日はビギナーさんが主役 (^ワ^)♪ 皆でビギナーだから怖くない(笑)
当日は船長の他にスタッフが数名ご一緒して道具の扱い方や釣り方をレクチャーしますので、どうぞお気軽にご参加ください♪

※※申込受付は5月20日(月)午前11時より(お電話のみ)※※

この機会に、ぜひ東京湾フィッシングの魅力を感じて頂けたらと願っています!!

PHOTO1

2019/7/12

○●○ワンシーズンカップ2019/対象魚【マゴチ戦】最終結果のご報告!○●○

イベント

≪江戸前ワンシーズンカップ2019/対象魚:マゴチ(4月・5月・6月)≫


●現在の対象魚 : マゴチ(4月・5月・6月)


3ヶ月に及ぶンシーズンカップ2019初戦【マゴチ】遂に最終結果のご報告です(^ワ^)/
 
1位65.0cm 熊谷 良一  様羽田・かみや5月17日
2位64.5cm 橋本 いつよ  様羽田・かみや4月24日
3位62.8cm 斎藤 孝幸   様羽田・かみや6月8日

6月12日以降は上回るサイズのBIGマゴチのエントリーはなく、そのまま決着となりました♪♪♪
熊谷さま、橋本さま、斎藤さま、おめでとうございます(^0^)v

賞品は8月上旬までに送らせて頂きますので、どうぞお楽しみに???

ワンシーズンカップ2019、次なるターゲットは【タチウオ】です!!
7月~9月までエントリー可能ですので、東京湾アングラーの皆さま奮ってのご参加お待ちしております☆

PHOTO1 PHOTO2 PHOTO3 PHOTO4 PHOTO5 PHOTO6

2019/4/25

ワンシーズンカップ2019☆STRTしています!

イベント

今年も『江戸前ワンシーズンカップ2019』、開催します!!
4月~12月の各シーズン期間中の対象魚を釣られた中からビック3(1尾の全長で計測)を選出。
詳しくは[イベント・カレンダー]をご覧ください。

今年はシーズン期間を3ヶ月となりましたので、より一層BIGサイズを狙いやすくなりました☆
ぜひ得意の魚種でエントリーして下さい(^ワ^)奮ってのご参加お待ちしています♪

PHOTO1

2019/4/25

◎江戸前釣りサーキット大会/YUGYO-CIRCUIT・2019◎について
≪年間スケジュールのご案内≫

イベント

今年も開催します『◎~江戸前釣りサーキット大会~◎』!(^O^)!
組合の加盟店において巡回(サーキット)型で色々な釣り物でミニ釣り大会を開催いたします。
江戸前釣りで人気の魚種も勢ぞろい!日程も様々にご案内しております。
ぜひ、沢山のアングラーの方のご参加をお待ちしております♪♪♪

PHOTO1

2019/2/25

◆◇第15回・江戸前釣り大会・カレイ釣り2019◇◆大会ご報告

イベント

第15回江戸前カレイ釣り大会、開催しました!

『江戸前釣り大会・カレイ釣り』はお蔭さまで第15回目の開催を迎え、今回は269名様のエントリーをいただきました。
大会当日は午前8時に川崎沖に各店から出船した大会参加船14隻が集結、合図とともに競技会をスタートしました!
今大会のポイントは富岡沖・行徳沖・木更津沖でしたが、開始早々から富岡沖に船が集中。午前中からポツポツとマコガレイのヒット情報が入る様になり、徐々に40cm超が聞こえて来るようになりました。
今大会では殆んどの船が14時の納竿まで他ポイントへの移動をせずに富岡沖を攻める船長が多かったことが特徴的で、また参加者の皆さんがそれぞれの作戦で粘り強く健闘されていました!!

今大会のビックワンは 44.5㎝のマコガレイに!!

14時の納竿後は、各船は検量および表彰式のために大森「まる八」桟橋に集結しました。
早速カレイの検量が行われ、厳正な検量の結果、次の通りとなりました☆

総合1位44.5cm矢野 一輝 様ミナミ2号船(南六郷)
総合2位43.5cm本間 慎吾  様かめだや2号船(羽田)
総合3位43.0cm亀岡 昇  様ミナミ1号船(羽田)
総合4位42.0cm松島 昌市  様いわた丸(東大井)
総合5位41.5cm川戸 久美  様吉久丸(浦安)

レディース賞40.5cm中本 弘美 様吉久(浦安)
ジュニア賞37cm松本 有生  様吉野屋(深川)
トップ賞5 枚嶋田 奈津敬  様内木丸(船橋)

今大会も総合入賞の方々は41cm~44.5cmという僅かな差での接戦となりました。
そして、厳正な計測の結果、第15回大会の総合優勝は、矢野一輝 様が釣られた44.5cmの1枚に決まりました!
誠におめでとうございます(^ワ^)☆
また、参加キッズ10名中ジュニア賞に輝いた松本様は前回大会から連続入賞の実績をお持ちです!
近い将来には総合入賞されることも期待しております(^0^)♪

表彰式では今大会に協賛いただいた各社様を代表してクレハ合繊株式会社様よりご挨拶をいただきました。また、プレゼンターとして
晴山由梨様と松尾智佳子様より、入賞された方々に各賞品が贈られました。
その他、参加賞をはじめ各船の船別賞など、そして大会ラストは参加者全員に大チャンスの『お楽しみ抽選会』を行い、沢山の賞品が
贈られました。
最後に閉会の挨拶に、当組合の理事長よりご参加の皆さまに御礼を述べさせて頂きまして第15回大会は無事に終了となりました。

今大会にご参加いただいた皆さまに心より御礼申し上げます。
本当にありがとうございました!

ご協賛社

本大会に御協賛いただいたのは以下の各社様です。
*************************************************************************************************************
クレハ合繊株式会社、グローブライド株式会社、株式会社シマノ、マルキュー株式会社、株式会社ヤマリア、株式会社がまかつ、
株式会社ハヤブサ、サクラ高級釣竿製造所、株式会社ささめ針、有限会社いわせ、浅草釣具、株式会社フジワラ、海快晴、
株式会社ティムコ、キリンビールマーケティング株式会社、ぎょさん、株式会社プラスエム、つり情報、つり丸、釣りビジョン、
週刊つりニュース、株式会社CLUE、Sweet Waters、HEAT RANGE 、神奈川個人タクシー協同組合 (順不同)
*************************************************************************************************************
この度も開催に際しまして、心強いアドバイスや激励、また数々の協賛品のご提供など多大なるご支援とご協力を賜りましたことを
心より御礼申し上げます。


PHOTO1 PHOTO2 PHOTO3 PHOTO4 PHOTO5 PHOTO6

2019/11/6

羽田沖にメバル稚魚13,000尾を放流しました!(平成30年度羽田沖浅場稚魚放流事業)

事業報告

11月6日(火)、東京港埠頭(株)の委託事業として羽田沖にメバル稚魚13,000尾を放流しました。
稚魚は愛知県より活魚車トラックで陸送され、当日早朝には大田区平和島の「まる八」桟橋に到着。午前7時から作業スタートしました。まず、稚魚の状態、数量や体長測定などの確認。次に2,500尾の稚魚に標識タグピンを取り付けます。同時に、放流船で稚魚を輸送する為に必要な酸素供給装置など様々な準備を行ないます。
当日は、地元の海を知る学習を目的に大田区立開桜小学校の児童(116名)の皆さんも午前9時から作業に参加してくれました。組合員が稚魚に関する説明を行い、実際に稚魚に触れる等して観察。またトラック水槽内の稚魚を放流船に移すため一緒にバケツリレーで次々に稚魚を運びました。
午前10時前に全ての稚魚を船に運び、ライフジャケットを着用して出船準備が完了。参加者全員が3隻の放流船に分乗して放流海域の羽田沖へ出船しました。約20分後、放流水域の東京湾羽田沖に到着。合図と共に一斉にメバル稚魚を放流しました。
放流後は速やかに帰港して参加者全員で記念撮影を行い、無事に作業終了となりました。

■事業件名:平成30年度 羽田沖浅場稚魚放流委託事業
■実施日時:平成30年11月6日(火)午前7時~12時30分
■放流海域:東京湾・羽田沖
■放流種苗:メバル稚魚(13,000尾/愛知県産/平均体長:9㎝)
※成育調査用の標識タグピン2,500本(カラー:青色/【T-30】表記)
■使用船舶:つり船4隻(放流船:3隻,本部船:1隻)
■作業参加:東京港埠頭(株),東京湾遊漁船業協同組合,大田区立開桜小学校(4学年)
■集合場所:大田区平和島「まる八」桟橋

東京湾において標識タグ付メバル(もしくはクロソイやカサゴ)を釣られた方は当組合までご一報ください☆


PHOTO1 PHOTO2 PHOTO3 PHOTO4 PHOTO5 PHOTO6