放流事業(平成10年度)


●平成10年度稚魚放流事業

ヒラメ・クロダイ・クロソイの稚魚計54,000尾以上を放流

 平成10年では、6月にヒラメの稚魚を放流、9月にクロダイの稚魚を放流、11月にも羽田沖浅場にクロソイ12,000を放流するなど、計54,000尾以上を放流しました。このうちクロソイは東京湾には少ないといわれてきた魚種ですが、近年アクアラインの橋脚下などでたびたび良型 が上がり、また輸送等にも耐える強い魚ということもあって放流しました。


 1月27日 放流稚魚(H9.11東京港埠頭公社委託放流メバル)生息調査実施
 6月23日 東京釣用品組合主催「ヒラメ稚魚放流」に参加協力
 6月24日 アサリ漁場状況調査実施
 9月29日 (財)日本釣振興会主催クロダイ稚魚42,000尾放流に参加協力
11月17日 東京港埠頭公社委託稚魚放流実施(羽田沖浅場クロソイ12,000尾、内1,000尾は組合標識タグ付)
12月10日 千葉県水産試験場から、東京湾アクアライン橋脚下にて11.27放流のクロソイ稚魚(組合標識タグNo.990付)採捕の報告


●平成10年度再捕データ

放流年月日 1998年(平成10年)11月17日
放流尾数 12000尾(内1000尾赤色標識付)
放流魚種 広島県産/養殖・クロソイ(110mm)
放流受託先 (財)東京港埠頭公社

再捕日時
再捕場所
再 捕 者
再捕方法
標識番号
再捕魚状況
備考
1998(H10).12.10 アクアライン橋脚下 千葉県在住釣人
詳細不明
不  明 赤990 体長13.3cm  
1998(H10).12.下旬 川崎沖堤防付近 堤防釣人
詳細不明
  無し 13cm  
1999(H11).1.19 羽田沖 新日本気象海洋 環境調査船
刺網
赤643 13.8cm  
同上
同上
同上
同上
再捕時脱落 10.0cm  
1999(H11).1.下旬 アクアライン橋脚下 釣船客 エサ釣り 無し 15.0cm  
1999(H10).2.27 羽田沖水深6m 漁業者
カレイ刺網船
刺網 赤999 体長13.6cm
体重38.2g
 
1999(H11).8.5 羽田東側 大田区
小松崎氏
刺網 赤126 17.6cm 同日・同船 に
標識無し3尾
1999(H11).8.28 川崎新堤(5番) 北区・釣人
詳細不明
エサ釣り 赤688 体長21cm  
1999(H11).8.23 千葉港内 詳細不明   赤71 体長12.5cm
体重150g
 
2000(H12).1.23 川崎人口島南西1km
水深30m
千葉県富津漁協
漁業者
小型底引き船 赤356 体長25cm  
2000(H12).3.2 扇島沖 横浜市漁協本牧支所
番貞丸
底引き網船
判読不能
詳細不明  
2000(H12).4.3 城南島 南側 漁業者
田中喬氏
刺網
判読不能
体長29cm
体重400g
 
2000(H12).8.3 品川沖 漁業者
飯田丸
飯田貢氏
刺網
判読不能
体長26cm
体重275g
 
2000(H12).8.18 品川沖 漁業者
飯田丸
飯田貢氏
刺網
判読不能
体長32cm
体重470g
 



放流事業トップへ戻る

HOME