東京湾における月別・魚種別船釣り客数


昭和52年

 昭和52年度における月別客数をみると、10月が最高であり、魚種は、イシモチ、アジ・サバ、ハゼなどとなっている。これに対し、3月が最も少なく、魚種はイシモチ、カレイ・アイナメ、イワシ・シマガツオが主であった。

 また、魚種別客数をみると、イシモチが最高で、次いで、シロギス、アナゴ・クロダイなどとなっていた。ここでは、清浄な水を好むイシモチ、シロギスが多数を占めたことに注目すべきであり、東京湾の水質が徐々に改善されている裏付けといえるようである。



  調 査
目次ページ
次ページ>
HOME