東京湾における月別・魚種別船釣り客数


平成5年

 湾奥で1月から4月にかけて人気の狙い物であるマコガレイは、この数年低迷が続いているが、ことしは寒季から落ちギス、イシモチ、メバル、カサゴがコンスタントに釣れたため、昨季に比べてターゲットが分散、出漁客数が平均した。また、9、10の2カ月は行徳沖でイシガレイが5年ぶりの豊漁で人気を集めた。

  一方、シロギスは5月の本格的シーズンとともに上昇し、夜アナゴ釣りも5月から9月にかけて好調でなかなかの人気だった。アジも8月から11月にかけて安定し、ハゼも昨季に比べコンスタントに釣れた。

  そして屋形船は、前半バブル崩壊余波で伸び悩んだが、後半はレインボーブリッジが人気となり開通前後から上昇気配をみせた。



前ページ 調査
目次ページ
次ページ
HOME